会員のみなさまへ

「介護福祉士養成課程における感染症に関する教育についての実態調査」の実施について

介養協では、厚生労働省の令和3年度社会福祉推進事業の補助をうけ、「介護福祉士養成教育における感染症に関する教育の手引きの作成事業」を実施しております。
本事業は、介護福祉士養成教育において求められる感染症に関する標準的な教育内容を検討するとともに手引きを作成し、介護福祉士養成教育における感染症に関する教育の質の更なる向上に資することを目的に実施しております。
この事業では、介護福祉士養成課程において行われている新型コロナウイルス感染症を含む、感染症を対象とした授業内容に関する実態と課題の調査を実施し、その結果をうけ、介護福祉士養成教育に求められる感染症に関する標準的な教育内容を収録した手引き書を作成します。
つきましては、「介護福祉士養成課程における感染症に関する教育についての実態調査」を実施させていただきます。令和3年11月5日(金)までに下記入力フォームからご入力いただくか、Wordファイルをダウンロードのうえご回答いただけますようよろしくお願いします。
なお、Wordファイルでご回答いただく場合は、ファイルの体裁等が崩れても差し支えありませんので、そのままご送信ください。
また、ご回答にあたり配慮が必要な場合は事務局までお問い合わせください。

依頼文書はこちら(PDFファイルが開きます)。

回答用入力フォームはこちら(googleフォームに移動します)。

調査票はこちら(Wordファイルが開きます)。