日本介護福祉教育学会

日本介護福祉教育学会とは

「日本介護福祉教育学会」は介護福祉士の養成に関わる教育内容及び教育技術の学術的向上発展を推進し、会員相互の緊密な学問的交流並びに介護福祉教育の普及を通じ、国民福祉の増進に寄与することを目的としています(平成6年11月発足)。
学術集会(大会)は、講演と学会員による研究発表が主に行われ、学会総会も開催されます。
学会誌は「学術集会(大会)の特集」(2月)と「投稿論文特集」(8月)で、年2回発行されます。
学会事務局は日本介護福祉士養成施設協会が兼ねています。

第28回日本介護福祉教育学会

第28回日本介護福祉教育学会は、北海道ブロックの主管により開催の予定です。

日本介護福祉教育学会正会員募集中

日本介護福祉教育学会では正会員を募集しています。

「日本介護福祉教育学会」は介護福祉士の養成に関わる教育内容及び教育技術の学術的向上発展を推進し、会員相互の緊密な学問的交流並びに介護福祉教育の普及を通じ、国民福祉の増進に寄与することを目的としています。
活動としては、学術集会(大会)、講演と学会員による研究発表が主に行われ、学会総会も開催、また学会誌は「学術集会(大会)の特集」と「投稿論文特集」で、年2回発行され、会員の皆様へお届けしています。
学会事務局は日本介護福祉士養成施設協会が兼ねています。会員校の先生方、ぜひご入会下さい。お待ちしています。

入会のご案内

日本介護福祉教育学会にはどなたでも正会員として入会して頂けます(平成26年8月28日に会則が変更されました)。
また、現在、主に下記のような方々によって構成されています。

  • (1)日本介護福祉士養成施設協会に属する養成校の教員(非常勤講師を含む)
  • (2)養成校の介護実習施設及び事業所の実習指導者
  • (3)日本介護福祉士養成施設協会の役職員
  • ※正会員の他に「購読会員」「賛助会員」があります。

入会を希望される方は、こちらより入会申込書・会則(PDF形式)をダウンロードし、必要事項を記入、捺印し、事務局に郵送してください。同時に、初年度年会費の郵便局の指定口座への払い込みをお願いします(払い込みには、郵便局にある「払込取扱票」をお使い下さい)。
「入会申込書の到着」「初年度年会費の入金」両方が確認でき次第、次回の学会幹事会の承認後、学会員名簿に登録されます。

学会誌『介護福祉教育』

学会誌は、会員の皆様の研究発表の場として活用していただくため、内容の充実をはかっています。
第50・51合併号(令和4年4月15日発行)では、当学会の設立25周年、また学会誌第50号発行を記念し、第1特集「学会のこれまでの歩みと介護福祉教育の現在地」、第2特集「介護福祉教育のあり方と今後の目指すべき方向」を掲載しました。
また、第52号(令和4年8月20日発行)では、去る令和4年3月26日にオンラインで開催された、第27回日本介護福祉教育学会の報告を掲載しました。
さらに、その次の第53号(令和5年2月発行予定)は、特集と投稿論文を掲載して発行する準備を進めています。

投稿論文を募集しています。
※投稿に関する「執筆規定」及び「編集規定」はこちら(PDFファイルが開きます)。
※学会誌の末尾にも「執筆規定」「編集規定」が掲載されています。

学会規約図

正会員 賛助会員 購読会員 会員外
学術集会 出席 ○(会員) ○(会員) 一般料金 一般料金
発表 × × ×
学 会 誌 配布 ○(郵送) ○(郵送) ○(郵送) 書店購入
投稿 × × ×

※○印は可能。 ×印は不可能。
日本介護福祉教育学会登録内容変更はこちら

お願い

事務局より

  • (1)お勤め先を変わられた際、転居された際は、ご連絡をお願いします。「学会員登録内容変更申請フォーム」からも手続きができます。
  • (2)会費を3年間滞納されますと、幹事会の決議後、学会員名簿から除名します。
  • (3)学術集会(大会)での研究発表および学会誌への投稿は正会員のみ可能です。共同発表者も同様です。また、グループや団体での発表の場合は、必ず個人名でお願いします。
  • (4)退会される際に未納分の会費がある場合は、ご納入下さい。