保護者の皆様・進路指導の先生へ

日本の介護の中核を担う人材が求められています。

介護は、いま最も社会に必要とされている職業のひとつです。
介護サービスの向上のためにも、介護福祉士養成施設で、確かな知識と技術を学んだ人材が求められています。
多様化する介護ニーズに対応できる人材として、その中でも国家資格者である<介護福祉士>に対する期待が高まっています。
介護福祉士養成施設は、その期待に応える確かな知識と技術を習得できる場です。

求人について

全職業と比較して高い求人倍率

高齢社会の日本においては、「介護ニーズ」が高く、
今後も一層のニーズ増加が予想されています。
そのため、介護に携わる人材の需要は年々高まっており、
安定した求人市場となっています。

介護のスペシャリストが、さまざまな場所で求められています。

介護のニーズは拡大の一途をたどっており、介護福祉士の活躍の場は多岐にわたっています。
専門性の高い介護の知識と技術を持った人材を社会が求めている証拠といえます。

介護福祉士としての就職先一例

  • ・介護老人福祉施設
  • ・デイサービスセンター
  • ・訪問介護ステーション
  • ・介護老人保健施設
  • ・病院
  • ・自治体等
  • ・グループホーム
  • ・障害者福祉施設
  • ・一般企業、団体 他

待遇・給与面について

国が「給与水準アップ」に取り組みます

福祉の向上のため・確かな知識と技術を持った介護福祉士の確保のため、
適切な給与水準の確保が国の政策として検討されています。

キャリアアップについて

将来の選択肢とキャリアアップ

介護の仕事では、魅力ある将来へ向けてキャリアアップを目指せます。
介護福祉士を経て、管理職や施設の経営者、また養成施設の教員など幅広い選択肢があり、将来の人生設計も可能な職種です。

キャリア例

ケアマネジャー
ケアプランを作成するケアマネジャー。介護の専門家としての知識を更に磨いて活躍します。

管理職・施設長
管理職としての理想の介護施設作り。独立して経営者になるという人もいます。介護のあり方を左右する重要な存在です。

養成施設教員
現場で得た経験と知識を用いて養成施設の教員になる人もいます。介護の未来を支える仕事です。